最新の脳科学情報はトップページからご覧いただけます ↑↑↑

脳科学者 澤口俊之氏による脳科学情報

脳科学最新ニュース一覧

二つは同時にできない…脳レベルの原因解明 京大グループ


京都新聞 3月3日(月)12時19分配信


二つのことを同時にすると、どちらも中途半端になる原因をニホンザルの脳の活動から、京都大こころの未来研究センターの船橋新太郎教授と渡邉慶・元研究員のグループが解明した。二つの課題に対応するそれぞれの神経細胞が、互いに干渉し合うためという。英科学誌ネイチャー・ニューロサイエンスで3日発表する。
■神経細胞互いに干渉
 車を運転中に助手席の人と込み入った話をすると、ブレーキを踏むのが遅れたり、きちんと答えられなかったりする。このような現象は「二重課題干渉」と呼ばれるが、脳でどのようなことが起きているかは、よく分かっていなかった。  グループは、ニホンザルに記憶と注意に関する課題を同時にさせ、大脳(前頭連合野)の動きを調べた。それぞれの課題を担う神経細胞の活動は、課題が一つだけの場合に比べて大幅に低下していた。
 船橋教授は「神経細胞が互いの活動を制限し合っているのではないか」と話している。

参照記事

トップへ戻る
inserted by FC2 
system inserted by FC2 system